1 / 5
文档名称:

成都日语导游词修订稿.docx

格式:docx   大小:35KB   页数:5页
下载后只包含 1 个 DOCX 格式的文档,没有任何的图纸或源代码,查看文件列表

如果您已付费下载过本站文档,您可以点这里二次下载

文档介绍:WEIHUA system office room 【WEIHUA 16H-WEIHUA WEIHUA8Q8-WEIHUA1688】




成都日语导游词


成都の概要:
成都市がある四川省は三国时代に刘备と诸葛孔明が活跃した蜀国の国があったことで有名である。パンだの故里として知られている。四川料理もおいしくて、古来より天の国府と呼ばれてきた。农作物の産地という意味である。
四川省はまた、巴蜀とも呼ばれる。3000年前に四川省の地が巴と蜀という二つエリアに分かれていたから。二つの国は両方とも奴隷制社会、2200年前の戦国时代になって秦の始皇帝に灭亡されてしまった。
成都市は西南エリアの重要な商业、贸易、金融、农业、工业の中心で交通要冲でもある。市の総人口约1200万人、市内は约750万人。市の花は芙蓉,市树はイチョウ。
歩き方:成都と闻けば思い浮かぶのは三国志、麻婆豆腐,パンダ、、と日本人が连想する中国そのままのイメージだ。実は成都の周りは见る価値がある遗迹がいっぱいいる。
成都市内の见所:
武候祀:

市内の三国志で有名な蜀の国の遗迹武候祀。敷地の面积は37000平方メットルで赤い壁に囲まれている。遗迹は刘备殿、孔明殿、三仪庙、刘备の墓から成り立つている。珍しいところでは君主と家臣を一绪に祭った。
中国でも珍しい祀堂となった。刘备殿の手前の壁に刻まれている诸葛孔明の肉笔出师表が中国书道の逸品である。
杜甫草堂:
诗圣として名高い唐の大诗人杜甫(712-770)は唐の末顷农民蜂起“安史の乱れ”によって成都に避难することになった。翌年からは友人の助けを得て町の西に草堂を建てた.その後、杜甫は4年あまり成都に住み、240首以上の诗を作り、その生涯で最も充実した时期をここで过ごしたともいわれている。杜甫先生の一生の中に一番幸せな时期を暮らしました。草堂の中心は诗史堂で、両侧は陈列室となっている。杜甫の生い立ちと现代に与える影响に分かれている。このほかに草堂博物馆があり、こちらには杜甫研究に有用な资料が収められてる。杜甫先生のもとの住まいをまねて立てられた草堂も见学できるようになった。中に入ると竹林の中に茶馆や石のテーブルや椅子が多数あり、麻雀をしたりトランプをしている人々を见ながら、のんびりすることができる。
望江楼公园:
市の南に锦江の畔にある公园。四川大学とつながっている。现地の人々が唐代の上流诗人を记念するために建てられた公园。中には竹がいっぱい植えられて、约百种类ぐらいがある。别名は竹の公园。
成都パンダ繁殖研究基地:
成都の郊外、东北に位置している。広大な敷地の中にはパンダの保护、繁殖、生态研究のために设立した。今はパンダだけじゃなくて、レーサパンダ、孔雀、白鸟などの珍しい动物も饲育されて、自然な环境で生息している。また、入り口の博物馆の中にパンダ、及び何百年前の动物の化石が见られる。动物の知识が勉强できる。
成都郊外の见所:


青城山:
成都から西へ70キロのところにある海抜1600メットルの山々。一年中で緑が覆われており、だから青城山と呼ばれる。青城山は道教ゆかりの観光地である。现在でも山の中に宫殿が点在している。そこで奥の同士が修业している。
山の中にはたくさんの桟道がある。入り口から入て、40分ぐらいの山道を登る

分享好友

预览全文

成都日语导游词修订稿.docx

上传人:大勇 2021/6/14 文件大小:35 KB

下载得到文件列表

成都日语导游词修订稿.docx

相关文档